20代の転職に必要な5つの流れ

20代の転職に必要な5つの流れ

 20代は、転職対策が重要な年代。キャリアがないからこその対策を心がけましょう。転職の流れにそってその対策のポイントを見ていきます。若いからこそ慎重にこなさなければ、ズルズルといつまでも活動を続けることになりかねません。良い転職は良い対策あってこそなのです。

 

 

転職準備について

 

 キャリアの棚卸しにも際限があると思います。でも怠らないこと。そして、転職する意義、これを本心で持っておくこと。自分に言い聞かせるのではなく、その意義は本物でなければなりません。若い人ならではのチャレンジ精神も、ここで今一度持ち合わせておきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

求人情報について

 

 20代は、条件や働き易さなど、一点のみに絞って求人情報を見がち。ひとつの求人票に記載されている情報はとても多く、企業研究を行えば、さらに多くのことが見えてきます。次の転職がすぐ訪れないよう、企業のことを調べ尽くした上でコンタクトを取るようにしなければなりません。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

履歴書や職務経歴書について

 

 汚い字ほど、会う前に悪い印象を与える要素はありません。履歴書ではここに要注意。汚くはないけど癖のある字も少し修正しておきたいところ。足りないキャリアは職務経歴書のフォーマットや書き方でカバーすることが可能ですし、自己PRを工夫し、キャリアだけではわからない魅力を伝える努力も必要です。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

面接について

 

 20代の良さは、やはり元気。無駄に元気で中身がないのはいけませんが、面接において、活発さは非常に重要です。20代は逆質問などで工夫しすぎて自滅するケースもあり。個性は上手に出してこそ武器になります。受け答えも、そのあたりをはき違えないように気を付けなければなりません。

 

 

 

 

 

 

退職・入社準備について

 

 20代ですと、退職そのものはあまり時間がかからないかもしれませんが、それでも円満退職を目指すようにしてください。と、同時に入社準備にも力を入れましょう。心機一転するための準備作業になりますから、業界研究などをした上で入社日を迎えるようにしてください。

 

 

【参考記事】

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ