電話が苦手な人が覚えておきたい三つのポイント

電話が苦手な人が覚えておきたい三つのポイント

 会社勤めをしている人には、毎日電話の電話対応は避けられないものです。

 

 しかし、ほかの社員や上司に聞かれながらの電話、さらに仕事だからしっかりと話さなければならない、そんなプレッシャーから電話が怖くなってしまったという人もいるのではないでしょうか。そんな人は、電話に対する苦手意識を克服するための三つの方法を覚くと良いでしょう。

 

失敗を恐れないこと

 

 一つ目のポイントとしては、失敗を恐れずに話すということです。電話恐怖になってしまっている人は、周りで上司が聞いていて、あとで怒られるんじゃないかと不安に思っていたりと、失敗を必要以上に恐れてしまっているはずです。

 

 ですが、そんな心配をしていては、逆にできるものもできなくなってしまいます。できるだけポジティブな考えをするようにして、自分は会社のために仕事をしているという自覚を持ってやるようにしましょう。そうすれば、必要以上に失敗を恐れなくなるでしょう。

 

とりあえずメモを取る

 

 電話が苦手な人のよくする失敗としては、相手の名前を間違えて取り次いでしまったり、テンパって要件をしっかり把握できないことにあります。そんな間違えを減らすためにも、メモだけはしっかりと取っておきましょう。メモを取りながら聞けば、ただ記憶するより確実に内容を把握することができます。

 

 また、メモすることによってミスが減り、電話に対する不安が少しずつ取り除かれていくようになったら最高です。繰り返し行うことで徐々によくなっていく可能性は高いので、まずは重要な部分だけでもメモを取ることを忘れないようにしましょう。

 

普段からリラックスして仕事をする

 

 いつ電話がくるんだと構えて、常に緊張状態で仕事をしていては、うまく電話に出られるわけもありません。そんないつくるか分からない電話はひとまず忘れ、仕事に集中しましょう。

 

 そして電話がかかってきたら電話モードに頭を切りかえ、メモを取り対応しましょう。普段からリラックスを心掛けていれば、いざ電話がきた時にも、比較的落ち着いて対応ができるのではないでしょうか。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ