タイミングをみる大切さ

タイミングをみる大切さ

求人が増えるタイミングに合わせる

 

 転職市場には、退職者の欠員補充が多い、年度末は半期決算月、年末などの時期に、求人が増える傾向があります。20代で自分のキャリアに自信が持てなかったり、一般事務職でいまよりネームバリューがある企業に転職したい場合は、そのタイミングに合わせて転職活動を行うのも一つの方法です。

 

 20代の求職者に対して、企業は即戦力として活躍できる専門スキルを求めるケースは稀です。それよりも、社会人基礎力が身に付き、組織に順応できる協調性を持っていることが重視されます。自分の特性を考えて、どのタイミングで転職活動をスタートするかを、考えてみてください。

 

退職しやすいタイミングに合わせる

 

 転職をするためには、勤務先を退職しなければならないことは、説明するまでもないでしょう。ですが、自分の都合だけで簡単に会社を辞められるほど、社会は甘くありません。

 

 仕事がきちんと進むように、後任者への引き継ぎや取引先への挨拶など、退職前に行わなければならないプロセスがあります。会社の決算期や繁忙期に、引き継ぎや挨拶回りを行うのは、企業にとって迷惑以外の何物でもありません。退職トラブルを避けるためにも、タイミングを考慮してください。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ