転職成功には目的が不可欠

転職成功には目的が不可欠

なぜ転職に目的が必要なのか

 

 20代は転職市場で引く手あまたですし、失敗したらまた転職すればよいと、安易に考える求職者が少なくありません。ですが、給与や勤務条件など、勤務先への不平不満が転職の理由なら、職場を替えても、また同じ問題が起こります。

 

 それは、自分が不平不満を解消するために、改善に向けて自分が努力するというステップを踏むことでしか、キャリアアップは見込めないからです。転職の目的は、自分のキャリアビジョンを達成するために、最適な仕事あるいは職場を探すことが基本であるべきなのです。

 

 自分の適職とは何か、どうキャリアを積んでいくのかを真剣に考え、自分なりの目的を設定しましょう。

 

目的を定めるためのプロセスとは

 

 自分の転職の目的を明確にするためには、キャリアの棚卸しと自己分析が不可欠です。新卒で自分が選んだ仕事は、必ずしも適職であるとは限りません。

 

 20代のうちは、キャリアチェンジしやすいので、自分が得意でキャリアを積んで行ける仕事は何かを見極め、方向転換するのも一つの選択肢です。会社に依存するのではなく、何があっても自力で道を切り開けるようにするためには、キャリアを積んでおく必要があることを覚えておきましょう。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ