面接テクニックを身に付けよう!

面接テクニックを身に付けよう!

面接テクニックを身に付けよう!

 

 

 20代は気持ちも体力もあり、未経験なことに積極的にチャレンジすることで、大きく成長することが期待できる年代です。いまできることより、将来伸びる可能性を見せることが、面接でうまくいく秘訣といえます。

 

 だからこそ面接では、わからないことはわからないと、素直に言いましょう。いまはわからないことがあっても、何事にも興味・関心を持ち、知らないことこそ経験してみたいという意欲を伝え、就職を実現してください。

 

 

就職を叶える面接テクニックとは?

 

 第二新卒での就職だけでなく、20代の転職でもいえることですが、さまざまな転職エージェントや求人サイトを活用して応募をするとき、異なる年代の人と競い合うのは当然なことです。 
 面接に関するマニュアルやアドバイスも多々あるでしょうが、覚えておきたいのは企業側にとって、年代によって求めるものが違うということです。では、20代が面接に成功するには、何をアピールしたらよいのでしょうか?

 

 社会人経験もキャリアも浅い20代が、30代と同じように即戦力として結果を残すのは至難の業ですし、企業側もそこを求めてはいません。20代にしかない訴求ポイントを、しっかりアピールすることが大切です。

 

 

 

 

 

 

20代が面接でアピールすべきポイント

  • 応募動機や採用後にどんな仕事に取り組みたいかを、明確に伝える
  • 質問に対して、自分の考えを自分の言葉で伝える
  • 何事に対しても、柔軟に貪欲に何でも吸収して成長しようという姿勢を見せる

 

マナーや言葉遣いの基本はできて当たり前の姿勢で

 

 社会人に必要なマナーや礼儀、言葉遣いの基本は、最低限身につけておくことが不可欠です。ノックの仕方、面接が行われる部屋の上座下座、着席するポイントなど、細かなところを面接官はチェックしています。

 

 尊敬語と謙譲語を使うこなす必要はありませんが、友だちに話すような話し方が出ないよう、目上の人に失礼がない応対を練習しておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ