転職リスクは見落としていないか?

転職リスクは見落としていないか?

転職リスクは見落としていないか?

 

 

 20代で転職を考える場合、会社の先行きが不安とか、キャリアアップしたいとかそんな希望があるかと思います。インターネットを検索すると、自分の市場価値がどの程度なのか知ろうなどと、人材紹介会社のうたい文句が掲載されています。

 

 実際、興味本位程度で登録してみると、エージェントからは次々と転職先を紹介してくれます。そこで実際に「転職の話を聞くだけでも」とエージェントと面談をしてみると、予想以上の選択肢が出てくるため、キャリアアップが実現できるという思いが出てくるでしょう。

 

 

そして実際に、人材紹介会社の薦めに応じて複数の企業にエントリーして、面接を受けてみるとトントン拍子に複数の内定が出てくるケースも多くあります。しかし一旦、ここで立ち止まり、自分の本音や現職でもできること、できないことなどいくつか重要事項を考えてから本当に転職するかどうかを決めましょう

 

 

転職を本当に実行するか、判断するポイント

  • 目先の待遇アップだけで検討しないで長期的ビジョンで考える
  • 20代の採用は、ポテンシャルを織り込んだものであるため、実力を評価しているわけではないことを認識する
  • 自分のスキルを自分自身が過大評価していないか再度よく考える

 

 

転職市場での20代の採用基準

 

 転職することはキャリアアップの手段というのは、世の中の流れに押されているだけであり、一時的な給与のアップのみで転職に踏み切ることは、将来的に大きなリスクにつながります

 

 実際、就業経験の少ない20代に多くの給与を支払う企業はありません。そのため、報酬への満足度は高まりません。しかし、好景気の場合には、人材マーケットにおいて需給状態が良くなるため、組織の裾野である20代の争奪戦は激しくなります。そのため、短期間で内定がでるのです。

 

まとめ

 

 20代の転職活動は、景気やマーケットの需要などの要素で年収が上がるという事実を見逃してしまうと、時代の流れの中で調整されて2年程度で元の年収に戻ってしまうこともあります。

 

 そのため、転職しない方が、トータル年収が高くなる場合もあります。転職理由としては、条件だけではなく、それ以外のやりがいや責任ということも要素に上がります。

 

 そこで、転職する前には、転職先の給与体系や職場環境、会社の方向性などとともに、転職のリスクも事前にしっかりと掘り下げてから転職する必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ