入社挨拶のポイント

入社挨拶のポイント

入社の挨拶で話すべきこと

 

 20代の中途採用者を迎え入れる企業にとって、あなたは新入社員以外の何物でもありません。多少の社会人経験があっても、即戦力として、すぐに成果をあげられるスキルがない限りは、新しい会社のルールとシステムを覚えて、一日も早く独り立ちできるように努力すべきです。

 

 そのためには、上司や先輩、同僚と、良好な人間関係を築くのが原則です。人間の第一印象は、後々まで影響を及ぼすので、入社の挨拶はしっかり行いましょう。

 

 また、入社の挨拶では、氏名と前職、今後の抱負を語る程度にとどめ、話題提供として趣味の話などを加えたにせよ、1分半程度におさまるように準備してください。

 

入社の挨拶の話し方

 

 入社の挨拶は、どんなふうに話したかも、とても重要です。素直で接しやすい新人だと思ってもらうためには、元気よく、ハキハキと、挨拶するのが一番です。

 

 相手に聞きやすいように、大きな声で、抑揚をつけて、話すように心がけましょう。また、挨拶をするときは、目の間の社員の方々の顔を、できるだけ見るように心がけてください。

 

 床を見ながら、小声でボソボソと挨拶するのは、相手によくない印象を残します。カラ元気でも、がんばって挨拶してください。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ