20代の転職|おすすめ求人サイト

20代の転職|おすすめ求人サイト実績重視ランキング

 このサイトは20代の転職を応援するため情報を集めました。あなたの転職活動のナビゲーションとして利用してください。

 

 転職を考えるなら20代のうちに活動しましょう。新卒就職後2〜3年以内の第二新卒者はもちろん、社会経験をある程度積んだ中途採用者も他の世代に比べ転職しやすい年代なんです。第二新卒者であれば未経験業種への転職も充分可能性がありますし、中途採用者の同業他社への転職なら収入アップも夢ではありません。

 

 できるだけ良い条件で自分を売り込むためにも、数多くの求人に目を通しましょう。ネット上でも複数の求人サイトがありますから、取りこぼしがないように大手サイトに複数登録するのがベストです。

 


リクナビNEXT[無料で利用できる良質サイト]
詳細
★★★★★
 転職者の約8割が利用すると言われる「リクナビNEXT」には、全国から集まった多種多様な求人が掲載されています。24時間いつでもどこでも求人を探すことができるので忙しい人にもとても便利です。スカウトサービスを使って企業からの連絡を待つのもよし、自分から積極的に応募してみるもよし。自分ペースで就職活動ができるのが嬉しいですね。
簡単1分登録公式サイトはこちら みんなの評判口コミ・評判はこちら
リクルートエージェント[無料で頼れるエージェント]
詳細
★★★★
 求人数が業界最多と言われる「リクルートエージェント」は、求人紹介会社がサイトを運営しています。専任のキャリアアドバイザーが転職活動のアドバイスや求人紹介を行ってくれます。企業秘密でネット上には載せることができない非公開求人も多いので、ぜひアドバイザーにコンタクトを取って紹介してもらいましょう。
簡単無料登録公式サイトはこちら 簡単1分登録公式サイトはこちら

 

1.転職活動を有利にしよう

 20代の男女が転職を目指している場合、どのような点に注意すれば就職活動が有利になるのでしょうか?もっと上の年代、中高年層と異なり、20代の転職は「やる気」をアップすれば、前職の内容を問われず採用されることも多いです。
 これは「若さ」「元気の良さ」を買われているためです。以下、面接の際に気をつけたいポイントを紹介しますので、ぜひ参考になさって下さい。

 

 

 

2.面接官を見極めよう。

 面接官が応募企業の中でどのような役職にあるのか?分かる場合は以下のようなポイントに注意しましょう。

 

ここがポイント!

 

「採用担当者」の場合は、自分の専門分野のスキル、資格をアピールしましょう。他の応募者と差別化を図るためです。あと協調性や意欲をアピールできれば最高です。

 

「事業責任者」、つまり入社した場合、直上司になる可能性が高い面接官の場合、採用されたあと、自分がどれだけやる気があるかという「意欲」が伝わるかどうか。これまで自分がやったことがある実務経験の中でどれだけお役に立てるかが伝わるのが大切です。

 

面接官が「役員(経営者)」だった場合は、会社の理念やビジョンに対する思い、業績を向上させるために自分が何ができるかということをよく考えているという真摯さをアピールしましょう。予習が必要ですから受ける会社の公式ウェブサイトに書かれている程度の情報はすべてチェックして面接に臨みましょう。企業の社会的責任についてもよく考えている点を強調しましょう。

 

 

3.面接の練習を事前にやっておこう。

 こうした面接の本番でいきなり自信を持って堂々と受け答えすることはかなり難しいことです。応募する企業の研究だけでは十分ではないので、面接の質問を想定し、回答を用意し、できればハローワークや就労支援サービスなどで頼んで面接の練習をしましょう。

 

 

 

まとめ

 20代でも前職があって、今までの経験やスキルを生かした分野への転職を目指しているのならクチコミ情報をフルに生かした求人応募が
確実です。クチコミ情報で応募されるのなら応募企業側もあなたに関する情報が得られやすいので、双方にメリットがあるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ